Nginxのインストール(CachePurgeModuleも付けるよ)

Nginxの安定版が1.4.0にバージョンアップしたので、インストール方法を紹介します。

まず、1.4.0になって何が変わったのかというと、開発版の1.3系で導入されていたWebSocketとかSPDYモジュールとかが安定版でも使えるようになったこと。

詳しいことはnginx公式サイト

 

さて、インストールの方法です。ちなみに全てCentOS6系での説明です。

公式で構築済みのパッケージのインストール

せっかく公式で構築済みのものなので、yumで最新版をインストールできるようにしましょう。

yumの設定ファイルを作る

cd /etc/yum.repos.d/    // yumの設定ファイルディレクトリに移動
vi nginx.repo       // nginx用のファイル作成

/** 以下ファイルの中身 **/
[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/centos/$releasever/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

yumでインストール(アップデート)

yum install zlib-devel pcre-devel openssl-devel // 依存するモジュールのインストール

yum install nginx   // インストールする場合
yum update nginx    // アップデートする場合

 

CachePurgeModuleも付けてインストールする場合

この場合は自分でrpmパッケージを作ってあげればインストールが簡単です。

準備

yum install zlib-devel pcre-devel openssl-devel // 依存するモジュールのインストール

wget http://nginx.org/packages/centos/6/SRPMS/nginx-1.4.0-1.el6.ngx.src.rpm // srcをダウンロード
rpm -ivh nginx-1.4.0-1.el6.ngx.src.rpm  // 展開

cd ./rpmbuild/SOURCES/  // 移動
wget http://nginx.org/download/nginx-1.4.0.tar.gz   // アップデートしたい場合はここで最新版のtar.gzを持ってくる
wget http://labs.frickle.com/files/ngx_cache_purge-2.1.tar.gz   // キャッシュパージモジュールをダウンロード

nginx圧縮ファイルやキャッシュパージモジュールは最新版のURLに変更してね。

 

rpm作成用ファイルの変更

cd ./rpmbuild/SPECS/    // 移動
cp nginx.spec nginx.spec.org    // 念のため元のファイルを取っておこう
vi nginx.spec       // 作成用ファイルの編集

/** 変更点は以下 **/
%define _unpackaged_files_terminate_build 0 // %defineに追加
%define ngx_cache_purge_version 2.1     // %defineに追加

Version:           1.4.0    // インストールしたいバージョンに変更

Source10: ngx_cache_purge-%{ngx_cache_purge_version}.tar.gz // Sourceに追加

%setup -q -a 10     // %setup -q から変更

export LANG='ja_JP.UTF-8'   // %buildの下に追加

--with-http_spdy_module     // ./configureの下の--withが並んでいる所に追加(SPDYを使いたい場合)(2ヶ所)
--add-module=%{_builddir}/nginx-%{version}/ngx_cache_purge-%{ngx_cache_purge_version}   // ./configureの下の--withが並んでいる所に追加(2ヶ所)

ここまでで編集は終わり。

 

rpmファイルの作成とインストール

rpmbuild -bb nginx.spec     // specファイルからrpmファイルを作成

cd /root/rpmbuild/RPMS/x86_64/  // 移動

rpm -ivh nginx-1.4.0-1.el6.ngx.x86_64.rpm   // 新規インストールの場合
rpm -Uvh nginx-1.4.0-1.el6.ngx.x86_64.rpm   // アップデートインストールの場合

nginx -V    // バージョンの確認

以上です。

 

慣れてくれば、結構簡単にできるのでNginxを使いたいと思っている人は参考にしてみてください。

そういえば、pagespeedがNginxの公式にサードパーティモジュールで追加されてた。まだベータ版なのでご利用は計画的に。

この記事を書いた人

たぬき@首席技監

アーシタンと蔵守の技術周り担当。主にワードプレス(WordPress)、サーバ管理なんかをやっています。