「春の翻訳&ドキュメンテーション祭り」にWordCafeFujiで参加しましたよ。

全国にあるWordBenchをオンラインでつないで、同時に翻訳やドキュメンテーションを充実させちゃおうぜというお祭りにWordCafeFujiも参加しましたー。

参加したWordBenchは「東京」「仙台」「千葉」「静岡」←ココね「京都」「福岡」「鹿児島」「大阪」「埼玉」「和歌山」「奈良」「熊本」「大分」(紹介順)の13ヶ所。オンラインで配信していたものを利用して後から参加したところもあったのかなー。

 

WordPressはもともと英語のものを翻訳して利用しています。公式プラグインもテーマもドキュメントも英語ベースで作られているため日本語訳を誰かがやらなければなりません。
WordPressの利用者は増えていますが、翻訳までやろうという人は増えていないのが現状です。書いている私も自分のプラグインを日本語対応にしたくらいで、ドキュメントや他のプラグインの翻訳まではなかなか手が回っていませんでした。

私のような人は多かったと思うので、こういったイベントにしてまずやってみるというのは非常に重要だと思います。

 

なにをしたのー

WordCafe FujiではCodexの翻訳を行いましたよー。(参加者2名だったし。勉強になるし。)
もろもろの説明は仙台の五十嵐さんにしていただいて、進めましたー。

翻訳の仕方の参考は以下のブログを見てねー
[WordPress] WordPress Codex 日本語版を更新してみよう

 

で、結果は?

全体の報告の時に通信切れるという持っていない感じでしたが、しっかり翻訳はしてたんですよ( ゚д゚ )

というわけで翻訳した関数↓
the_post_thumbnail()

こっちもほぼ同時進行で進めてましたん↓
get_the_post_thumbnail()

 

まとめ

不安だったmediawikiも他の部分を参考にしていけばそんなに難しくはなかった感じでした。
でもやっぱり翻訳は難しいなぁと、でも英語苦手でも翻訳できるんやなぁとも。

こういう手間をみんなで分担していければいいんだねー。
これは毎年やってもいい企画だと思うわー。

課題としては通信・作業環境だな(;´Д`)

あ、誤訳とかココの表現おかしくないかみたいなのあったらおしえてくださいねー。
では、 ヾ(・д・。)マタネー♪

 

追記

プラグインの翻訳については下記ブログを参考にしてくださいねー。WordBench東京の様子です。
WordBench 翻訳&ドキュメンテーションまつり東京編